ホームうたしショップ限定正観さんの本他(一般書店では販売されていません)【復刻版】磐梯山噴火100年『メール便可』  
商品詳細

【復刻版】磐梯山噴火100年『メール便可』  [遊帆堂・旅の余話シリーズ4]

販売価格: 1,100円(税込)
数量:  冊

絶版になって手に入らなかった書籍の復刊です。

※こちらの書籍は、うたしショップのみの、お取扱いとなっております。

● 発売日 2022年2月12日

● 出版社 株式会社SKP

● コメント

「磐梯山噴火100年」を株式会社SKPより復刊させて頂きました。

64ページ 「遊帆堂・旅の余話シリーズ」は、30年程前正観さんにより作られ、今回、発売当初の状態で復刊されました。

大変貴重な小冊子です。

当初は、「遊帆堂・旅の余話シリーズ」を全都道府県分、一冊ずつ作ろうと していました。

ですが、講演会や書籍の執筆依頼などが増え、「北のさいはて・礼文島」 「滋賀県・近江」「みやびの山里京都・大原」「磐梯山噴火100年」の4冊で終わってしまいました。

今回は 「磐梯山噴火100年」を販売致します。

「磐梯山噴火100年」を深く感じることができる一冊です。

■ 内容紹介

1988年に遊帆堂より出版されました『磐梯山噴火100年』を株式会社SKPより復刊させて頂きました。

正観さんがトラベルライターとして実名の「小林正寛」で自ら出版社を立ち上げ出版された「旅の余話シリーズ」の 一冊です。(※遊帆堂は株式会社SKP内の正観さんの会社です)

1888年の磐梯山噴火の歴史を当時の写真、地形地図をもとに詳しく解説されています。

民間伝承として今も伝わる「手長・足長の話」や「猫魔伝説」についても掲載されています。

「私も、初めてここを訪れたときはその美しさにばかり目を奪われていた。もう20年も前のことで、私も学生だった。今は平和そのものの磐梯高原だが噴火から100年たって、あらためて当時の状況を知り、そういう目で磐梯山と磐梯高原を見てほしいと思う。目のまえの沼や山を見ながら、「ここはこうだったんだって」というかたちで、この本のなかの話を語りあってもらえたらうれしい。」

(本書「はじめに」より〜小林正寛)

本書内の地名、施設名、交通・観光ルート等は現在では変更になっている場合がありますが、当時の雰囲気をお伝えしたく、あえてそのまま掲載をしております。

情報本ではなく、読み物としてお楽しみください。

四六変形判・64ページ。

小林正寛    1988年11月1日発行

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏表紙です。